最新動画情報

最新のアダルト動画を紹介
最新動画情報 トップ > レーベル
つるみく
アダルト動画 DUGA -デュガ-
スマホ専用たて動画

FESTIVAL ~つるみく ウォーズ~

カテゴリー: アドベンチャー

レーベル名:つるみく
メーカー名:つるみく

開始日:2014/01/24

女優:

20XX年───。外宇宙より飛来した謎の隕石【神の鉄槌】は、日本の第二首都【ネオ・オオサカシティ】へと直撃。以来、【ネオ・オオサカシティ】周辺には特殊な電磁場が形成され、かつて西日本を代表する大都市であったこの街はゴーストタウンと化し、一部の人間以外立ち入る事の出来ない【捨てられた都市】へと変貌した。オオサカに住む人々の多くは隕石の落下によって命を失ったと報じられ、日本国民───いや、世界中の多くの人々がその不幸を嘆き悲しみ、冥福を祈った。だが───。───彼らは、まだすべて滅びたわけではなかった。飛来した隕石は爆発の規模に比べてその威力はなぜか低く、【捨てられた都市】の中には生き残った人々が取り残され、荒廃した街の中でそれぞれ集落を結成して生き延びていたのだ。集落のリーダーは、謎の隕石の影響によって力を得た女達。本来協力し合ってこの苦難を乗り越えるべき彼女らは、しかし争いを始めた。隕石落下地点に残された、『ある物』を手に入れるために。力を得た女達は、同時にメッセージを受け取っていたのだ。力を得た者は、神に選ばれた者であり───『ある物』を手に入れる事で、自身とその周囲の者達を救うであろう───と。戦いは、すでに始まっている。最後に残るのは、いったい誰なのか───?いったいどのような結末を迎えるのか───?それを決めるのは、あなた次第───。


【サンプル動画】


通常版 : 4,752 円
詳細を見る



詳細を見る

HOUND-Targeting Hunting-

カテゴリー: アドベンチャー

レーベル名:つるみく
メーカー名:つるみく

開始日:2013/10/29

女優:

『お前なら城島と渡り合えるだろう。』俺を呼び出した上司は、開口一番そう言った。俺の名は【篠岡幸人(しのおかゆきと)】。【巳浦(みうら)銀行】の金融事業部部長を務めるエリート社員であり、これでも金融業会ではそこそこ名の知れた男のつもりだ。城島というのは、投資系ファンド【ワールド・クリエイティブ・パートナーズ】代表、【城島博(じょうじまひろし)】のことである。いわゆるバイアウトファンドと呼ばれる類の会社だ。城島は以前この【巳浦銀行】で共に仕事したこともある、因縁浅からぬ男だった。ヤツはその後ちょっとしたトラブルから会社を退職し、しばし職を転々とした後姿をくらましていたが、突如金融業会へと舞い戻り、この【巳浦銀行】の抱える不良債権を初めとして、様々な企業を買い叩いては売り捌いていた。そんな中、ある大手老舗料亭を経営している会社の株を城島が買い漁っているという情報が入った。この料亭は長年『一見さんお断り』のスタイルを貫いてきたが不況の煽りを食らって経営が傾いており、城島はそれを立て直した後に株を売り払えば莫大な儲けが出ると考えているようだった。一方、この料亭の経営会社のメインバンクである我が【巳浦銀行】もある事情により建て直しを自ら行おうと躍起になっていた。そこで呼び出されたのが俺である。『なんとしても城島を出し抜け』との命を受けた俺は、ヤツと対峙することになった。かつて肩を並べた男が、俺の出世の障害として立ち塞がろうとしている。面白い。受けて立とうじゃないか。俺も出世の機会を伺って少々手をこまねいていたところだ。さっさと上層部の老人共にはご退場願って、頭取の椅子を空けてもらわねばならない。これはいいチャンスと見るべきだろう。俺の得意な方法で、お前を出し抜いてやろうじゃないか。『女』という武器を使ってな。俺は不敵な笑みを浮かべ、さっそく資料を手に取った。


【サンプル動画】


通常版 : 3,780 円
詳細を見る



詳細を見る

夢喰い -つるみく式ゲーム製作- Re:dream

カテゴリー: アドベンチャー

レーベル名:つるみく
メーカー名:つるみく
シリーズ:夢喰い

開始日:2012/12/26

女優:

【SOUMA AGENCY】───通称、【SA】。いわゆる総合広告代理店である。広告制作、媒体購入、ブランド構築、マーケティング調査、イベントのプロデュース、セールスプロモーションの実施などを全国・世界的規模で行っている、外資系の企業の一つだ。俺──『神坂樹(かんざかいつき)』は、そこへ派遣されてきた大手ベンチャー企業の管理職だった。マルチメディア部門で二十台という若さながら役職を手にした俺は、かつてゲームソフトウェア開発に携わっていた経験もあり、その腕を見込まれてさっそく数々の仕事を任された。そして今回俺に一任された業務内容は、とあるゲーム製作会社の面倒を見ることだった。どうやら何がしかの事情で開発の立ち行かなくなった連中が、庇護を求めて頼ってきたらしい。よくよく調べてみれば、スタッフそのものは思いのほか経験豊富な連中だ。営業面が弱そうだが、むしろそこはありがたい。俺の現在の仕事はこういった連中の売り出しであり、『人気や技術力はあるが営業に疎い』というのは、俺にとって格好の獲物なのだ。しかもスタッフの中には若い女がいる───。上手くすれば、俺の得意とする手段で意のままに操ることも可能だろう。俺はまだまだ現在の地位で満足などしていない。ゆくゆくは金と名前で世界を動かし、すべてをこの手に牛耳るのが目標だ。とりあえずは連中を手中に収めて上手く使えば、俺がさらにのし上がるための格好の武器になる───。俺は好色かつ不敵な笑みを浮かべ、さっそく連中へと接触を試みた───。


【サンプル動画】


通常版 : 3,780 円
詳細を見る



詳細を見る

姦白宣言

カテゴリー: アドベンチャー

レーベル名:つるみく
メーカー名:つるみく

開始日:2012/06/15

女優:

───【園田財閥】。園田グループと呼ばれる一流企業が築き上げ、国内で五大財閥と謳われるほどまで成長を遂げた財閥の一つである。その園田財閥の総帥【園田 栄一郎(そのだ えいいちろう)】が危篤状態に陥ったという悲報が届いた。───いや、むしろ『吉報』といった方が俺にとっては正しい。現総帥が居なくなれば、その後継者が必要だ。つまり、財閥の実権を握り、地位・名誉・金の全てを手に入れる機会が到来したという事である。「───組織内では既に後継者を選抜する動きがあります」【園田栄一郎】危篤の報を告げに駆けつけた俺の優秀な部下が、言葉を続けた。「ククッ───まだ存命中だというのに、不義理な連中だな」予測通りの動きに、思わず笑いが込み上げる。同時に、選抜の候補に名乗りを上げる者、それを担ぎ上げる者、それらの全てが手に取るように読めるというものだ。園田財閥には『才能を持つ者は取り入れ、財閥の力とする』という方針があり、どんなに顔が利く人物であれ、力無き者は財閥という組織から降り落とされてしまうのだ。徐々に上り詰めていく計画だったが、俺の才能が園田総帥の目に止まり高く評価された事で、異例の昇格を遂げていった。「総帥のおかげで、予定よりも早くこの椅子に座れたからな───だが、そろそろ新しい椅子が欲しいと思っていたところだ」「ハハハ、やはりいつもの藤堂さんですね」ニヤリと笑みを浮かべる俺の顔を見て、部下がいつもの楽しげな表情を見せた。「そういえば、総帥不在の間は娘さんが代理人となるそうですよ」「ほう」総帥の娘か───パーティなどで見かけて少し話したな。確かまだ学生だったと聞いていたが…。まあいい───あの女が代理人ということならば、利用しない手はないだろう。「さて、後継者選抜に参加する為に、まずはその総帥代理人に挨拶しにいこうか」部下を連れ、俺は部屋を後にした───。


【サンプル動画】


通常版 : 4,104 円
詳細を見る



詳細を見る

大阪CRISIS ~COMEBACK&COMES A NEW HEROINE~

カテゴリー: アドベンチャー

レーベル名:つるみく
メーカー名:つるみく

開始日:2011/09/22

女優:

【大阪再開発事業局】───。それは大阪の発展と財政再建を担う、機関の組織の一つである。大半が脛に傷を持つ局員達で構成されており、その詳しい活動内容を知る者はきわめて少ない。局長である俺、【倉嶋 蓮司(くらしま れんじ)】は時として、『黒幕』と呼ばれ、大阪機関を実質的に動かす『裏の顔』と言われていた。【再開発局】、あるいは【裏機関】などと呼ばれるこの組織は、大阪の再開発や破綻した財政再建を、手段を問わずに裏からサポートする、非合法的な合法組織だ。いわゆる犯罪に値する行為も辞さず、あらゆる手を使い任務を遂行し、都合の悪い事はすべて揉み消すのだ。様々な特権を持つ局長の俺は、普段ロクに出勤もせず、面倒なことから逃れてボロアパートで気楽に過ごしている。そんなある日――――俺の下に、大阪代表の柿本が使いを寄越した。『大阪の財政再建のため、一大歓楽街を作りたい』――。早い話『歓楽街で働かせるための素材のいい女を見繕い、奴隷に仕立て上げて欲しい』という依頼だ。我が大阪の再建のためとあらば、断る理由などない。久々にやりがいのある仕事を得た喜びに、俺は不敵な笑みを浮かべていた―――。


【サンプル動画】


通常版 : 3,780 円
詳細を見る



詳細を見る

姦淫特急 満潮 -悪夢の三週間-

カテゴリー: アドベンチャー

レーベル名:つるみく
メーカー名:つるみく
シリーズ:姦淫特急

開始日:2011/03/31

女優:

特急列車『満潮』。日本全土を北から南まで三週間以上かけて縦断する、速度よりも快適さを最優先させたサービス重視の寝台特急列車だ。ありえないほどにのんびりとしていること以外は、ごく普通に乗客を乗せて運用されているだけの列車だった。「──海堂車掌、海堂精治(かいどうせいじ)車掌」今、車掌室の外から俺を呼んでいるのは高槻裕次郎 (たかつきゆうじろう)という、この満潮の副車掌──いや俺の片腕として働いている有能な男である。扉を開けると、高槻の隣に見知らぬ男が腕を組んで佇んでいる。発車が遅延した事で文句を言いに来た乗客だ。運行のトラブル時はこの手の類が多い。大半は満潮のコンセプトを説明し、遅延があっても十分に取り戻せる走行時間であることを説明すると引き下がってくれる。「──鮮やかなお手並みです、先輩。ところで今回の収穫は?」“収穫”というのは満潮の“裏の顔” だ。数ヵ月に1度、満潮は本性を見せる。その本性とは、女を生け捕りにして肉奴隷に仕立てあげる姦淫特急としての姿。もちろん、このような大それたことは通常の列車では出来ない。それを可能としているのが、ある組織の力である。俺は車掌としての通常業務を行いながら乗客の中から女を選別し、凌辱・調教を施して肉奴隷にしていく、組織の飼い犬として動いていた。だがその組織も数年前に崩壊。独自のコミュニティを積み上げてきた俺と高槻の手により、いともたやすく俺が組織の全てを掌握することに成功したのだ。俺の片腕となっている高槻が、「先輩」と俺を呼ぶのもその時からだ。組織のトップに上がった今でもこの満潮で、自らの手でもって女を捕まえてゆく。これこそが俺の理想だった。「今回はまだ収穫になりそうな女はいない。だが先の長い旅だ。のんびり行こうじゃないか」うすら笑いを浮かべて、俺は“特別車両”に向かった──。


【サンプル動画】


通常版 : 4,104 円
詳細を見る



詳細を見る

姦淫特急 満潮

カテゴリー: アドベンチャー

レーベル名:つるみく
メーカー名:つるみく
シリーズ:姦淫特急

開始日:2010/04/23

女優:

『乗車した人が消える列車がある』。そんな噂が、その手の話が大好きな人間達の間で近頃囁かれていた。大半の人間は、『昨今の都市伝説ブームにあやかって流布しているにすぎない』と一笑に付し、さして気にも留めなかった。だが、列車は実在した…。特急【満潮(みちしお)】。二十年以上も前から進められていたという、特殊なメス奴隷を発掘、開発する計画─【特別性奴創造計画】。単なるメス奴隷ではなく、飼い主が気を使わずとも主人のどんな要求にも応えられる、美しいメス奴隷となる素質を持つ女を選抜し、育成する…。そんな計画のために、巨額の富を費やして開発された列車だ。普段は、日本列島を縦断するという点以外は特に変わったこともない、しいて言えば速度よりも旅を楽しむことを目的として様々なサービスを充実させたというだけの、極普通の寝台列車。だが二~三ヶ月に一度、【満潮】は特定客に対してその本性を現す。特定客とは、つまり【美しく魅力的な女性】だ。特定期間内にこの列車に乗り込み、選ばれてしまった女達は…列車を降りることを許されず、その肉体を欲望のままに貪られ、陵辱され、精神を病むまで陵辱行為に晒されるのだ。そして調教を終えた女は、主人のあらゆる要求にも応えられる、最高のメス奴隷となる─。この列車は、政財界の名立たる面々がスポンサーとなって開発された、特殊な肉奴隷開発用のいわば調教専用列車だった。そして俺─【海堂精治(かいどうせいじ)】は、裏社会のスポンサー共に選ばれた、この【満潮】の【車掌】だ。この【満潮】において、俺にはあらゆる権利が与えられている。女をどう扱おうと俺の自由であり、事が明るみに出さえしなければ、大抵のことは許されるのである。それだけ、俺の能力が買われているということだ。女を見繕い、磨き上げる能力が。そして、二ヵ月半ぶりに特急【満潮】は本来の役割を果たす時がやってきた。車掌としての通常業務にも、そろそろウンザリし始めていたところだ。久々に燃え滾る想いを胸に秘め、俺は野望に満ちた笑みを浮かべた。


【サンプル動画】


通常版 : 4,104 円
詳細を見る



詳細を見る
メニュー
レーベル
ナイトライフショップ

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

リンク
DUGAウェブサービス